東海・北陸で高校受験|入試情報をお探しなら

豊田高等専門学校

豊田高等専門学校

豊田高等専門学校は愛知県豊田市にある国立高等専門学校です。 教育目標は1.ものづくり能力の養成 2.基礎学力の確立 3.問題解決能力の養成 4.コミュニケーション能力の習得 5.技術者倫理の育成 寮生活を教育の一環としており、全学生の半数を超える人数の学生が生活を共にしています。 また、国際的な大学レベルの教育機関としてJABEE教育プログラムを実施しています。 JABEE認定を受けた教育プログラムの修了生は、技術士第1次試験が免除され、技術士補として登録できます。

豊田高等専門学校の偏差値・内申目安

学科 偏差値 内申目安
機械工学 64 40
電気・電子システム工学 64 40
情報工学 64 40
環境都市工学科 64 40
建築 64 40

豊田高等専門学校の学科情報

機械工学

本校のアドミッションポリシーに準拠し、ものづくりに必要な実習、実験、設計製図等の実技教育の上に、考える力、創造力、実践力、問題解決能力、コミュニケーション能力等を身に付ける教育に耐え得るための基礎学力と勉学意欲のある者を受け入れます。
本校機械工学プログラムに志望・履修している学生は、ほとんど、本学科機械工学科1年次に入学して4年次に進級できた学生です。
したがって、機械工学プログラムに志望・履修する学生の学力レベルの資質の評価は、まず、第一に、本学科機械工学科1年次の入学選抜試験に合格して入学できた学生の資質の評価、第二に、本学科1年次から3年次までの授業科目の学力評価と保証でできる。

電気・電子システム工学

エレクトロニクス、情報通信(コンピュータ)、 エネルギー、これらをまとめるシステム技術について、 授業・演習・実験を通して学びます。
そして、頭脳と手を使いこなす、創造性豊かな技術者を育てることを目指しています.
電気・電子システム工学科では、本科4・5学年と専攻科とを合せた 「電気・電子システム工学」教育プログラムを設定し、 国際的な技術者育成のための教育プログラムとして認定されるよう、その充実に向かって鋭意努力をしています.

情報工学

今日の社会は、高度に発達したコンピュータシステムとコンピュータネットワークの技術に支えられています。
人間性豊かな社会をつくるためには今後ますますより高度な情報処理技術や情報通信技術が必要となります。
そしてこのような技術を開発するためには社会の要請に柔軟に対応できる創造的な技術者が必要です。
情報工学科は社会の変化に即応できる高度情報処理技術者を育成することを目的にしています。
情報処理技術者は、コンピュータやその周辺の技術のみならず、人間としての豊かな教養を身につけなければなりません。
そして、コンピュータで「できること」について深く洞察すると共に、「してはならないこと」についての見識をもつ 必要があります。
情報工学科では、単にコンピュータのためのプログラム技術を教えているのではありません。
情報処理技術者として必要な基礎教科を重視し、創造性豊かな人材を育成する教育を行っています。

環境都市工学科

本教育プログラムの目指すところは、履修生諸君が人間活動の場である社会と自然生態系との係わりの中で、持続可能で快適な生活空間を創造する能力を身につけた技術者(シビルエンジニア)へと育っていくことにあり、「確かな基礎知識を持ち社会の変化と要請に応える高い課題設定・解決能力を備えた実践的・創造的技術者」に成ることを目指しています。
現代社会のニ-ズに応え、調査、計画、設計、建設、維持管理に関する基礎的な知識・技術だけではなく持続可能な循環型社会の構築を目指した環境アセスメントやリサイクル技術などを身につけていること。
さらに、技術科学の知識だけでなく、文化や歴史にも理解を深めて、技術者としての誇りと倫理観を持たなくてはなりません。
本教育プログラムの学習・教育到達目標を達成していくことにより、これら次世代を担う技術者に求められる実力が自ずと備わっていくのです。
プログラム修了に必要なコア科目は、終了時点で、これらの力をしっかりと身につけているかを問われることになります。
同時に、修了後に常に新しい事柄に挑戦し続けているかどうかが問われることにもなります。そのため、それぞれの授業が何をどこまで目指したものか(達成目標)、その評価はどのように行うのかをシラバスに明示しています。環境都市工学プログラムを履修する学生諸君は、この点を良く認識して、勉学・研究に臨んでください。

建築

建築学は大きく、計画系・環境系・構造系の専門分野に分かれています。
建築学科ではそれぞれの分野をバランスよく教えており、建築学を包括的に学ぶことができます。
また、学生が建築と積極的に向き合えるように、講義を教育のベースとしながらも、設計・デザイン演習や実験・調査・研究のような、学生が自ら考え実践する機会を数多く設けています。
計画系では、インテリアや住宅、美術館をはじめとする公共施設、さらには都市やまちを対象にして、建築に関する様々なデザイン手法を設計実習などを通して実践的に学びます。
環境系では、空気や風、光などの目に見えないものを測定し、人が快適に暮らせ、なおかつ地球にもやさしい持続可能な環境について学びます。
構造系では、物理の力学法則を応用した実験やシミュレーションを通じて、災害から人の生活を守る、安全で安心できる建築空間について学びます。

豊田高等専門学校の年間行事

特別講演、スキー教育、見学旅行

豊田高等専門学校の部活動

確認中

豊田高等専門学校の基本情報

所在地 愛知県豊田市栄生町2-1
電話番号 0565-32-8811
URL http://www.toyota-ct.ac.jp/index.html

豊田高等専門学校のマップ

上豊田駅から
南南西へ徒歩約20分。

豊田高等専門学校の卒業生の声

豊田高等専門学校の評判・口コミ・学校自慢などの生の声をまとめました。卒業生の生の声は、高校受験の併願校から学校生活まで他では知ることのできない情報が満載です。第一志望高校は「豊田高等専門学校!」という生徒さん、是非高校受験の参考に卒業生の生の声をご覧ください。

現在、豊田高等専門学校の卒業生の声はありません。

模擬試験について 入試直前講習について あすなろ式高等学園について 無料の相談窓口はこちら 目からウロコの無料の体験授業実施中! 無料の体験授業のお申し込み
トップに戻る