東海・関西・北陸で高校受験|入試情報をお探しなら

面接の極意

面接の極意

面接は、大きく分けて3つのパターンがあります。まずは受験校がどのパターンなのかを調べ、その対策をしておくことが必要です。
本人の面接 受験生1人に対して面接官が1~3人というのが一番多い形式。 面接官が多いと緊張しがちですが、質問者をしっかり見て焦らずハキハキと!
グループ面接 受験生2~6人が1つのグループとなって、面接官と対する形式。 同じグループの他の受験生と比較され、積極性・協調性などがチェックされます。自分の考えを元気にハキハキと答えよう!
グループ討論 グループ面接では、1つのテーマについて議論させることがあります。他の受験生の発言をよく聞き、自分の意見を積極的に言おう!

面接を受けるまでの準備

入試の面接が人生初の面接になる人も多いと思います。下記のことは事前に調べ、準備しておきましょう!
  • ・志望高校のこと(校長名・校訓など)
  • ・面接の応対の練習(学校の先生・家族などに協力してもらい練習しましょう!)

面接官が見るポイント

面接官が見るポイントは、「言葉づかい」「態度」「落ち着き」「答えの的確さ」「容貌」「服装」「声の大きさ」など。丁寧な態度や言葉づかいは評価が高くなります。その中でも、一番大切なのは、「素直にふるまうこと」。 人柄を見るのが面接の大きな目的なので、型にはまった答えだと、逆に良い印象を与えられません。出願時に受験生が記入する調書がある場合は、その質問にしっかり自分の言葉で答えられる準備をしておきましょう。

「姿勢」

立っているときは、背筋を伸ばし、指先は体の横にそろえて伸ばし、あごを軽く引くときれいに見えます。 ただし、あまり硬くならず、肩の力は抜いてください。 座ったときは、背もたれに背中をつけたり、足をブラブラしたりしないように。 浅めに腰をかけて背筋を伸ばし、男子は手を軽く握り、女子は指を伸ばして重ね、ももの中間くらいに置くとGOOD!

「話し方」

質問に答える時は、「のびのび」「はっきり」と「大きな声」で「丁寧」に!言葉づかいは、「~です」「~ます」などの丁寧語で答えるようにします。

対策

  • ①質問に答える前に、必ず「はい」か「いいえ」をはっきりと言う。「はい。僕は~」か 「いいえ。私は~」などと言ってから質問に答える。
  • ②「えーと」「あのー」は使わない。わからないときは「わかりません」とはっきり言う。
  • ③自分のことは男子なら「僕」、女子なら「私」と言う。家族のことは「父・母・兄・姉 弟・妹・祖母・祖父」と呼ぶ。あだ名や「~さん」「~ちゃん」などは使わない。
  • ④話の終わりは、「です」「ます」でしめる。

「自分らしさ」

面接官は大人びた特別な答えを期待しているわけではありません。 例えば、自由時間の過ごし方を聞かれたときに「音楽鑑賞です」と答えるより、「音楽を聞くのが好きですが、音が大きすぎて母に叱られることもあります」などと答えた方が、素直な感じがして好印象です。 単に質問に答えだけを言うのではなく、自分らしい素直な答えでアピールしましょう。ただし、丁寧な言葉づかいは忘れずに!

面接の流れ

面接で緊張するなと言っても、難しいものです。実際、私たちも面接で緊張してしどろもどろになった経験があります。でも、他のみんなも同じはずなので、心配しないでやっていきましょう!

控え室で

控え室で面接の順番を待っているときから、すでに面接が始まっていると思ってください。ここでの態度や会話をチェックしている学校もあります。 大声でおしゃべりしていたり、歩き回ったりせず、静かに順番を待ちましょう。

入室するとき

名前を呼ばれたら、はっきりと聞こえる声で「はい!」と返事して立ちあがり、軽く服装を整えましょう。必ずドアを2~3回ノックしてから入室します。このときドアの開閉は静かに!ドアが最初から開いているときは入り口で会釈していから入室します。(ドアを閉める必要はありません) 入室したら試験官の前まで行き、一度お辞儀をします。イスがあればイスの左側に立ち、勝手に座らず「お掛け下さい」「どうぞ」と言われてから着席します。

面接の最中

試験官と向き合ったら、視線は試験官の口元からネクタイの結び目あたりにおくのがベスト。視線はあちこち動かしたりよそ見をしたりしないように! 聞かれたことは、正確にはっきりと答えることが大切です。また、よくわからないこと、知らないことを聞かれたら、いい加減に答えず、素直に「わかりません」と言いましょう。

退室するとき

面接が終わったら静かに立ち、イスの左側に移動して「ありがとうございました」と明るく一礼しましょう。ドアの前まで移動したら、最後にもう一度、面接官に「失礼します」とあいさつを行い、一礼してから退室します。

面接でよく聞かれる質問集

正確に答えなければいけない質問例

  • ・受験番号と氏名を言って下さい。
  • ・中学校の校長先生の名前を言って下さい。(フルネーム)
  • ・本校の学校名を言って下さい。(「~大学付属」など正式名称)
  • ・本校の創立者の名前を知っていますか。(事前に調べておく)
  • ・現住所はどこですか。
  • ・中学校の校長先生の名前を言って下さい。(フルネーム)
  • ・本校の学校名を言って下さい。(「~大学付属」など正式名称)
  • ・本校の創立者の名前を知っていますか。(事前に調べておく)
  • ・本校の校訓を知っていますか。(事前に調べておく)
  • ・あなたが本校を志望した動機を聞かせて下さい。(積極的な動機を)
  • ・学校ではどんなクラブに入っていますか。
  • ・趣味は何ですか。(具体的に)
  • ・本校までの交通手段と所要時間を教えてください。(具体的に)
  • ・中学校3年間の欠席日数とその理由を答えてください。(正確に)

予想される質問集

  • ・本校でどういった勉強をしたいですか。
  • ・学力テストはどうでしたか。
  • ・学校説明会に来ましたか。
  • ・本校に入学したらまず何をやりたいですか。
  • ・中学校生活の中で一番楽しかった思い出は何ですか。
  • ・中学校生活の中で一番辛かった思い出は何ですか。
  • ・得意科目・不得意科目は何ですか。
  • ・入学試験のための特別な勉強はしましたか。
  • ・尊敬している人物は誰ですか。また、それはなぜですか。
  • ・あなたの長所と短所を言って下さい。
  • ・将来何になりたいですか。
  • ・あなたの興味があることは何ですか。(スポーツ・音楽等)
  • ・最近読んだ本の感想を教えてください。
  • ・ご両親(友だち)はどんな人ですか。
  • ・最近のニュースや新聞で印象に残ったことは何ですか。
  • ・あなたは余暇(休日)をどのように過ごしますか。
模擬試験について 入試直前講習について あすなろ式高等学園について 無料の相談窓口はこちら 目からウロコの無料の体験授業実施中! 無料の体験授業のお申し込み
トップに戻る