東海・北陸で高校受験|入試情報をお探しなら

三重県立津工業高等学校

三重県立津工業高等学校

三重県立津工業高等学校は三重県津市半田にある公立の工業高校です。 目指す学校像は1.明確な目的意識を持ち、進路実現に向かって努力する生徒を育成します。2.心身ともにたくましく、心豊かで社会に貢献できる生徒を育成します。3.地域や産業界から信頼される、活き活きと活気あふれる学校づくりを進めます。

三重県立津工業高等学校の偏差値・内申目安

学科 偏差値 内申目安
機械 44 27
電子 46 28
電気 44 27
建設工学 44 27

三重県立津工業高等学校の学科情報

機械

機械科では、機械工作・設計・原動機等の基礎的・基本的な知識と、それに基づく機械加工・CAD等の技術を習得します。また、機械加工技能士・ボイラー技士等の資格に挑戦し、どの分野にも適応できる実践的な力を身につけることにより、勤労精神を重んじる工業人の育成を目指しています。

電子

電子科では、情報技術や通信技術、電子回路などの基礎を多く学習します。電子科の生徒は、『情報技術検定』や電話工事を行うのに必要な『工事担任者』などの検定・資格試験を多数受験しています。時代の最先端であるIT技術の基礎を学んだ電子科の卒業生は、多くの企業で活躍しています。

電気

電気科では、電気発生から送電、取扱い、応用まで電気に関する幅広い内容を基礎から学習するとともに、エレクトロニクスやコンピュータの基礎を学び、卒業までに電気主任技術者や電気工事士の資格を取得し、社会で大いに活躍出来る実力の養成を目指しています。

建設工学

2008年より土木科と建築科は統合し、建設工学科となりました。この学科は建築・土木に関する基礎的な知識や技術・技能を習得し、さらに住宅・都市計画等に対する理解を深め、街づくり・地域づくりに参画できる人材を育成します。入学後、共通科目を履修し、2学期後半には建築コースまたは都市システムコースを選択します。2年次より完全に各コースに分かれ、専門の学習を深めます。

三重県立津工業高等学校の年間行事

体育祭(6月)、クラスマッチ(7月)、修学旅行(9月)、みえ高総文祭(10月)、津工祭(11月)、クラスマッチ、芸術鑑賞(12月)

三重県立津工業高等学校の部活動

硬式野球、軟式野球、テニス、ラグビー、サッカー、ハンドボール、陸上競技、バドミントン、バスケットボール、バレーボール、弓道、剣道、柔道、卓球、山岳、電子研究、機械研究、建築研究、土木研究、理科研究、電気研究、美術、JRC(園芸)、写真、囲碁同好会、軽音部、人権サークル The bright

三重県立津工業高等学校の基本情報

所在地 三重県津市半田534
電話番号 059-226-1285
URL http://www.mie-c.ed.jp/ttu/html/top.htm

三重県立津工業高等学校のマップ

津新町駅 徒歩約11分
阿漕駅 徒歩約14分
南が丘駅 徒歩約31分

三重県立津工業高等学校の卒業生の声

三重県立津工業高等学校の評判・口コミ・学校自慢などの生の声をまとめました。卒業生の生の声は、高校受験の併願校から学校生活まで他では知ることのできない情報が満載です。第一志望高校は「三重県立津工業高等学校!」という生徒さん、是非高校受験の参考に卒業生の生の声をご覧ください。

現在、三重県立津工業高等学校の卒業生の声はありません。

模擬試験について 入試直前講習について あすなろ式高等学園について 無料の相談窓口はこちら 目からウロコの無料の体験授業実施中! 無料の体験授業のお申し込み
トップに戻る