東海・関西・北陸で高校受験|入試情報をお探しなら

大阪市立東淀工業高等学校

大阪市立東淀工業高等学校

東淀工業高等学校は、昭和34年に「東洋一の工業高等学校の創設」という高い目標と理想のもとに設立されました。 卒業生は1万3千名を超え、関西を中心に全国各地の産業界、さらには海外で幅広く活躍しています。 機械工学科、電気工学科、理工学科の3学科が設置されており、「誠実」「創造」「勤勉」を校訓とし、様々な教育活動を展開しています。

大阪市立東淀工業高等学校の偏差値・内申目安

学科 偏差値 内申目安
機械工学 33 -
電気工学 33 -
理工学 32 -

大阪市立東淀工業高等学校の学科情報

機械工学

数学・理科等の基礎学力を十分に養い、機械工業と関連知識を習得し、高度の機械技術の理解をより深めるのに必要な能力を養います。
基本的実験・実習を重視し、技術革新に伴う新しい機械技術者の改善・進歩に寄与できる素地をつちかいます。
三学年では実習について、生徒の適性によりコース制学習を行い、より専門的な知識・技術を習得するとともに、研究的・活動的な態度を養います。

電気工学

電気を実際に取り扱うに必要な計測技術の習得を通じて、電気技術の基礎となる電気現象や電気に関する基礎を理解させ応用できる能力を養います。
発電器・電動機・変圧器などの電気機器の原理・構造・特性などを理解させるとともに、実際にそれらの機器を取り扱えるように運転・保守および応用に必要な技術を取得させるとともに、高度技術関連機器を用いた学習を行います。
電気の発生(発電)から需要までの系統(送電、配電)における電気機械器具等の施設設備に必要な運転・保守・応用にわたる技術を習得させ、電気事業の公共性を理解させるとともに、電気技術者の使命を認識させます。
電子工学の基礎であるトランジスタや集積回路の原理・構造および各種の電子回路の内容を理解し、その応用である通信技術や映像技術の基本的知識を習得させます。
自動制御・情報処理(電子計算機)の基本的なしくみについて理解させるとともに、取り扱いと処理方法について基礎的な知識や技術を習得させる。また、シーケンス制御・フィードバック制御の利用について知識を習得させます。
情報処理については高度情報時代に対応することができるように、ソフト・ハード両面にわたって応用利用の知識を習得させます。
製図一般の基礎的事項について理解させ電気機器および電気設備の接続図・配線図などを正しく書く能力と読む能力を養います。

理工学

科学的な基礎知識や技術の習得に重点をおくが、それとともに普通教科や機械・電気など他学科との連携を深め、専門領域にかたよらない調和のとれた指導を行います。
実習に大きな単位を設け、経験を通して基礎の原理や理論を理解させる。すなわち、現象を探究し応用できる素質、創造力を持つ人材の育成に努めます。
危険物取扱者・計算技術検定・情報技術検定などの資格取得を目指します。

大阪市立東淀工業高等学校の年間行事

新入生オリエンテーション・スポーツテスト(4月)、校外学習(5月)

大阪市立東淀工業高等学校の部活動

確認中

大阪市立東淀工業高等学校の基本情報

所在地 大阪府大阪市淀川区加島1丁目52−81
電話番号 066-302-1035
URL http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=h643523

大阪市立東淀工業高等学校のマップ

本校最寄り駅「加島駅(JR東西線)」までは、
京橋から乗車時間約15分、北新地から乗車時間約9分です。
加島駅から西門まで約840m

大阪市立東淀工業高等学校の卒業生の声

大阪市立東淀工業高等学校の評判・口コミ・学校自慢などの生の声をまとめました。卒業生の生の声は、高校受験の併願校から学校生活まで他では知ることのできない情報が満載です。第一志望高校は「大阪市立東淀工業高等学校!」という生徒さん、是非高校受験の参考に卒業生の生の声をご覧ください。

現在、大阪市立東淀工業高等学校の卒業生の声はありません。

模擬試験について 入試直前講習について あすなろ式高等学園について 無料の相談窓口はこちら 目からウロコの無料の体験授業実施中! 無料の体験授業のお申し込み
トップに戻る