東海・関西・北陸で高校受験|入試情報をお探しなら

内申書ってなに?

高校受験をする生徒が「中学校の時はどんな生徒で、どんな状況だったのか」を高校に伝えるための資料で、合否を判定する材料となります。

内申書は大きく分けて、「学力に関する部分」「個人の性格や行動の記録の部分」で構成されています。

学力に関する部分

中学校での成績(通知表の数字)

◎通知表の成績(英語が「4」、美術が「3」など)が受験する高校に報告されます。地域によっては、内申書の内容を生徒や保護者に公開するところもあります。 ◎通知表で「1」がつくと、不利になることもあります。 ◎基本的に中1から中3の2学期までの成績が受験する高校に報告されます。(県によって異なります)

個人の性格や行動の記録の部分

欠席・遅刻の日数

◎欠席・遅刻は、年間10日以内ならまず問題はありません。 ただし年間60日以上の欠席がある場合、病気や怪我などのはっきりとした理由がなければ不利になってしまいます。 私立高校を受験する欠席の多い生徒は、個別相談会で事情を説明しましょう。

特別活動の記録

◎「生徒会活動」「学級活動」「学校行事」などの項目を評価します。 学級委員や部活の部長を務めたり、○○大会優勝などの実績があったりなど、勉強以外の活動で有利なことがあれば記入します。 偏差値40台の私立高校では「英検3級」を持っていると学力を示す武器になります。

生活態度

◎「基本的な生活習慣」「責任感」「公共心」「思いやり・協力」などの項目を評価します。

その他

◎「総合的な学習」「社会活動」「ボランティア活動」「生徒の長所」などの項目を評価します。

内申アップの秘訣

秘訣その① 定期テストの準備は計画的に!

通知表の成績が内申書に書かれるので、定期テストは計画を立ててしっかりと取り組みましょう。

秘訣その② 授業はしっかり聞いて、宿題・提出物は必ず出そう!

学校の先生はテストの結果だけでなく、普段の授業態度もしっかり見た上で通知表の成績を決めます。授業態度や提出物は、かなり影響が大きいことを忘れずに!

秘訣その③ 小テストも手抜きしないで!

定期テストだけでなく、小テストも成績を決める上で重要です。小テストに関しては、普段の予習・復習がカギになります。

内申書の誤解

お子さんや保護者の方の中には、「個人の性格や行動の記録の部分」を内申点だと誤解されている方も多いようです。 しかし、私たちが心配している内申点は、「学力に関する部分」です。遅刻・早退・欠席が多い、掃除をサボる、部活を辞めるなどというのは、よほどの理由でなければ入試の合否にほとんど影響はありません。

*内申書の見本*

※クリックすると画像が拡大されます

絶対評価の影響

数年前までは「相対評価」といって、通知表の1から5の成績がそれぞれ何%の割合にならなければいけないと決まっていました。たとえば「5」をつけられる生徒は7%と決まっていたので、仮にクラス全員がとても良い成績でも、「1」を7%つけなくてはならなかったのです。今は成績を決める上で、そういった制限がない「絶対評価」になりました。何人の生徒に「5」をつけるかは先生の自由なので、極端にいえば、クラス全員が良い成績なら全員に「5」をつけることもできます。この「絶対評価」の影響で、一般入試のときに内申よりも入試テストの学力を重視する傾向が強まってきました。「入試の点数」と「内申点」の比較を<7:3>や<6:4>にする学校が増えてきています。

*評定分布一覧表の見本*

評価方法が絶対評価に変わったため、評定分布表を作成するようになりました。評定分布一覧表とは、学年の評定の全体傾向を示すもので、客観的・相対的な評価情報として活用しています。

※クリックすると画像が拡大されます

模擬試験について 入試直前講習について あすなろ式高等学園について 無料の相談窓口はこちら 目からウロコの無料の体験授業実施中! 無料の体験授業のお申し込み
トップに戻る